光音響顕微鏡用計測ユニット FLASH
光音響顕微鏡に最適、32チャンネル、高速計測 6 k fps

PST01 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
光音響顕微鏡用計測ユニット FLASH™ 光音響顕微鏡用計測ユニット FLASH™

製品概要

光音響顕微鏡およびスキャニング計測のために最適な装置です。 高いチャンネルフレームとサンプリングレートで動作することができます。
多重化をおこなわず、全てのチャンネルから同時にテータを取得するための完全な並列動作を実現しています。
各チャンネルの入力コネクターはSMAになっています。
制御ソフトウェアは、MATLAB®を ベースにしております。 C++によるSDKを提供しており、多くの言語(LabView, MATLAB®, Python™, など)に対応しています。

特長

  • コンパクト、USB動作
  • バッファー、多重化を行わず高速なAD変換
  • ソフトウェア制御のデジタル増幅器を内蔵
  • MATLAB®制御ソフトウェア
  • SDK(LabView, MATLAB®, Python™, など)

アプリケーション

  • 光音響顕微鏡
  • スキャニング計測
  • 非破壊検査

測定例

測定例

光音響顕微鏡用計測ユニット FLASH 仕様

FLASH™ ADC

チャンネル数 32
プログラマブル・ゲイン 44~94 dB
アナログ帯域 16 kHz~35 MHz
分解能 12 bit
サンプルレート 毎秒80 Mサンプル
入力インピーダンス 50Ω
フレームレート/トリガー 最大 6000 fps/Hz
(128チャンネル時 最大400fps可能)
ポイント 80000
フレーム
チャンネル
インターフェイス USB 3.0
ソフトウェアパッケージ MATLAB® ベース制御ソフトウェア C++によるSDK、
多くの言語に対応
(LabView, MATLAB®, Python™, など)

FLASH™ AMP 16チャンネル・プリアンプ

チャンネル 16
増幅率 40 dB
入力インピーダンス 50kΩ
バンド幅(@-6dB) 40 kHz~35 MHz
入力/出力コネクタ SMA
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.PST01をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411