LDLS 分光放射照度標準光源 EQ-99X-CAL
強度校正用200~800nmデータ付LDLS白色光源

EQ02 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
  • FAQ
LDLS 分光放射照度標準光源 EQ-99X-CAL LDLS 分光放射照度標準光源 EQ-99X-CAL

LDLS 分光放射照度標準光源 EQ-99X-CAL 製品概要

LDLS分光放射照度標準光源(Energetiq, A HAMAMATSU Company製)は、EQ-99X(拡散照射仕様)をベースに、照射白色スペクトルの値付けを行った強度校正用光源です。紫外から可視域(200~800nm)の波長強度を1つの連続したスペクトルでカバーできます。
また、元々が高安定&長寿命の光源のため、ランプ寿命代表値5000時間、推奨再校正周期1000時間と、従来型標準光源よりも長く安定してお使い頂けます。校正データは、NPL(National Physical Laboratory、UK)のトレーサブルです。

LDLS 分光放射照度標準光源 仕様

型名 EQ-99X-CAL-S
照射波長範囲 170~2100 nm
校正波長範囲、
間隔
200~800 nm、インターバル 5 nm、単位 mW/m2/nm
校正データ NPL(National Physical laboratory、UK)トレーサブル
校正の不確かさ ±12 %(@200~210 nm)
±8 %(@210~300 nm)
±5 %(@300~800 nm)
ランプ寿命 9000 時間以上(代表値)
再校正周期 点灯 1000 時間、または1年のどちらか短い期間とする
校正条件 ランプハウス窒素パージ・水冷(37℃)
拡散照射 NA 0.47 ランプハウス基準面から
距離 200 mm での分光放射照度
装置構成 EQ-99X ランプヘッド(水冷対応)、LD 電源、 AC 電源、
専用ケーブル、専用コントローラ、チラー
消費電力 /
ユーティリティ
本体使用電源:100 V、50 / 60 Hz
2.5 A チラー使用電源:100 V、50 / 60 Hz、7 A / 5 A
窒素パージ:Grade6、20PSIG
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

  • 一般的な分光放射照度標準光源との違いは何ですか?

    一般的には、重水素ランプベースで紫外域を、ハロゲンランプベースで可視域から近赤外域の校正を行います。LDLS分光放射照度標準光源では、1つのランプで200-800nmのスペクトルをカバーしているので、紫外域から可視域を同時に強度校正できます。
製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.EQ02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411