卓上型NMR 100e/100PRO
100MHzモデル、発売開始!液体ヘリウムなどの冷媒が不要の小型サイズ。受託分析より低コストで短時間測定。スクリーニングや反応モニタリングに最適。

NN02 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
  • FAQ
卓上型NMR 100e/100PRO 卓上型NMR 100e/100PRO

【在庫機 特別価格のお知らせ】 '21.2.24 up

下記のモデルを特別価格にてご提供いたします。
大変お買い得な機会です。是非ともご利用ください。
数量限定ですので早めにお問い合わせください。
・NMReady 60e 単核タイプ
・NMReady 60PRO 2核種対応タイプ
・NMReady60シリーズ用Autosampler

卓上型NMR 100e/100PRO 製品概要

卓上型NMR 100e/100PRO は、卓上サイズのNMR(核磁気共鳴装置)です。装置内部には永久磁石(2.35 T)を使用しているため、液体ヘリウムなどの冷媒が不要で、ランニングコストを削減できます。インターフェースにはタッチパネルを採用しており、どなたでも直感的にNMRスペクトルを測定できます。実験室などの身近な場所に設置していただくことで、日々の研究のフローワークを改善します。また、コンパクトな筐体ですが、NMRスペクトルの測定に必要な全ての機能が内蔵されており、有機化学の教育用にも適しております。

2つのモデル
①1核種モデル 100e(1H または 19F)
②2核種モデル 100Pro(1Hと7Li, 11B, 13C, 15N, 19F, 31Pの6核種から1つを選択)*
*2核種モデルは1Hが必須で、もうひとつの核種を選んでいただく必要がございます。

特長

  • 机上に置けるコンパクトサイズ(37.1×41.4×65.4 cm, 84 kg)
  • 低コスト
  • 短時間測定
  • 1台で測定から解析まで
  • 永久磁石使用(2.35 T)
  • 1H共鳴周波数 100 MHz
  • 7Li, 11B, 13C, 15N, 19F, 31Pの多核種に対応
  • 2次元測定対応タイプ
  • 冷媒不要・液体Heフリー・メンテナンスフリー
  • 標準5 mmサンプルチューブ使用可能
  • タッチスクリーンによる直感的操作
  • ドラフトチャンバー、グローブボックス内に設置可能

導入事例

  • 有機化学の学生実験、教育
  • プラズマ合成の反応速度解析
  • 新規材料合成の確認試験(農薬,栄養剤など)
  • 合成物質の品質評価

アプリケーション例

「重溶媒なしで、電池用の電解液の定量分析」を掲載アップいたしました。
PDFダウンロードへ

製品紹介|Movie

100MHz DEMO(英語)

卓上型NMR 100e/100PRO 仕様

モデル 1核種対応
スタンダードモデル
100e
2核種対応
ハイグレードモデル
100PRO
観測核* (2核種から1種を選択)1H, 19F (必須)1H
(1種選択)7Li,11B,13C,19F, 31P
共鳴周波数 100 MHz(2.35 T)
ロック 重溶媒(1H)、軽溶媒(2H)対応
測定機能 1D, JRES, COSY,
T1, T2, Nutation,
Kinetics
1D, JRES, COSY,DEPT,
T1, T2, Nutation,
Kinetics,HSQC
マグネット 2.35T(永久磁石、冷媒不要)
試料管 5mm径 標準NMRガラス管
測定分解能 < 1.0 Hz(代表値)
ポート LAN, WiFi, USB, HDMI, VGA
ユーザーインターフェイス タッチスクリーンLCD
寸法・重量 371×414×654 mm・84 kg
電源 100~240VAC, 50~60Hz
動作温度 18~26℃(設置場所室温、結露しないこと)
温度変化1.5℃以内/時間
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

製品に関するご質問・ご相談

  • 試料管は市販の標準試料管が使用できますか?

    はい、ご使用頂けます。大型のNMR装置と同様に5mm径の試料管を使用できます。
  • 使用可能な重溶媒の種類を教えてください。

    重水、重クロロホルム、重ジクロロメタン、重ベンゼン、重DMSO、重メタノール、重アセトン、重アセトニトリルに対応しています。(標準仕様)
    その他ご希望の溶媒がございましたら別途ご相談ください。
  • ニートサンプルは測定できますか?

    シングルスキャンで測定可能です。
  • 試料溶液の濃度はどのぐらいにすれば良いですか?

    200mM以上が目安となります
  • 測定に必要な試料溶液はどのぐらい準備すればよいですか?

    700μl以上あれば十分です。
  • 装置単体でデータ解析は行えますか?

    スペクトルデータの位相調整、積分値などを計算できます。
  • 測定データは他社の解析ソフトで使用できますか?

    測定データはjdxファイル形式で出力が可能です。jdxファイルに対応したソフトウェアでご使用頂けます。
  • 緩和時間測定はできますか?

    スピン-格子緩和(T1, 縦緩和)およびスピン-スピン緩和(横緩和)の測定が可能です。
  • フローは軽溶媒に対応しますか?

    対応します。
製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.NN02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411