極紫外から軟X線領域までの波長変換が可能
コヒーレント高次高調波発生システム XUUS

KP04 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
極紫外から軟X線領域をカバーする高効率な高次高調波発生システム 極紫外から軟X線領域をカバーする高効率な高次高調波発生システム

高効率高次高調波発生システムXUUS 概要

高効率高次高調波発生システムXUUS は、KMLabs社が特許(US 6,151,155)を取得している「Hollow waveguide(中空導波管)」を採用した高次高調波発生システムです。

本システムは、極紫外から軟X線領域にわたる高次高調波を効率的に発生させることが可能となり、従来の高次高調波の発生方法と比較すると、大幅にガス消費量が低減します。

また当社取扱製品のドイツ SPECS社の光電子アナライザーと組み合わせると、最先端の「時間分解 ARPESシステム」を構築することが可能となります。

特長

  • 極紫外から軟X線領域までの波長変換がおこなえるフェムト秒の高次高調波
  • KMLabs社の独自開発技術「Hollow waveguide(中空導波管)」による効率的な高次高調波の発生
  • 大幅なガス消費量の低減

用途

  • 時間分解ARPES
  • アト秒パルス発生
  • (時間分解)コヒーレントイメージング

使用例:テーブルトップでEUV光(極紫外光)*を発生

本システムと次世代超短パルスTi:サファイア増幅器 RAEAを組み合わせた製品「極紫外(EUV)超短パルス光源 Panthenon」は、
テーブルトップでEUV光(極紫外光)*の発生が可能になります。

*極紫外領域の光とは
光電子分光やナノスケールイメージングなどの様々な測定に用いられ、また半導体リソグラフィーを筆頭として産業上においても重要なスペクトル領域です。

コヒーレント高次高調波発生システム XUUS 仕様

波長 30 nm 13 nm 6 nm
光子数* >5×1012 ph/sec
per harmonic
>1010 ph/sec
per harmonic
>106 ph/sec
per10% BW
繰返し周波数* 1~20 1~10 1
ビーム位置*
安定性
<5µrad(rms) <10µrad(rms)
パワー安定性* <5%(rms) <10%(rms)

*励起レーザーに依存します

Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.KP04をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411