2D運動量マッピング光電子アナライザーASTRAIOS 190
2D運動量マッピングが可能、最先端の光電子アナライザー

SPC06 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
取り込み角度±90° ダイレクト2D kマッピング 取り込み角度±90° ダイレクト2D kマッピング

2D運動量マッピング光電子アナライザーASTRAIOS 190 製品概要

SPECS社の「ASTRAIOS 190」は二次元運動量マッピングを可能とする革命的なARPES用光電子アナライザーです。革新的な電子レンズとスリットのデザイン(特許申請中)により、試料を回転させずに、光電子取り込み角±30°で高分解能二次元運動量マッピングが可能です。またスピン検出器にも対応いたします。

特長

  • 光電子取り込み角±30°
  • Single spot parallel shifting lens (特許申請中)
  • Motorized virtual analyzer entrance slit
  • スピン検出器オプション(Mott または VLEED)

2D運動量マッピング光電子アナライザーASTRAIOS 190 仕様

アナライザー半径 190 mm
最高エネルギー分解能 < 1.5 meV
レンズ取り込み角 ± 30°
動作距離 27.5 mm
角度分解モード ± 1.0 Å-1(± 30°for He I)
± 1.0 Å-1(± 20°for 100 eV)
± 2.5 Å-1(± 7.5°for 1500 eV)
運動エネルギー 0.5~1500 eV
0.5~200 eV (shifting mode)
パスエネルギー 1~200 eV
エントランススリット モーター駆動
積算モード Swept, Fixed
検出器 二次元CMOSディテクター
スピン検出器 VLEED または Mott
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.SPC06をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411