高エネルギー広帯域波長可変ナノ秒レーザー NT230シリーズ
ナノ秒パルス、高パルスエネルギー 最大15 mJ、192 nm~2.6μmまで波長可変

EP60 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
高エネルギー広帯域波長可変ナノ秒レーザー NT230シリーズ 高エネルギー広帯域波長可変ナノ秒レーザー NT230シリーズ

製品概要

NT230シリーズは、ダイオードポンプQスイッチNd:YAGレーザーと光学パラメトリック発振器(OPO)が一つのコンパクトな筐体に統合されたレーザーです。
ハンズフリーで192〜2600 nmの範囲で波長可変が可能で、100Hzの繰り返し周波数で、最大9mJのエネルギーパルスが得られます。100 Hzの繰り返し周波数を有するNT230シリーズレーザーは、レーザー誘起蛍光、フラッシュフォトリシス、フォトバイオロジー、計測学、リモートセンシングなど、多くの用途を網羅します。
革新的なダイオード励起を採用することにより、ほとんどメンテナンスを必要とせず、卓越した安定性を実現しています(フラッシュランプ励起との比較)。水冷式チラーで冷却し、ランニングコストをさらに削減します。
NT230シリーズシステムは、付属のLabVIEW™ドライバを使用して、リモートコントロールパッドまたはコンピュータから制御することができます。コントロールパッドは、レーザー用保護メガネを装着していても読みやすいバックライト付きのシステムディスプレイで、すべてのパラメーターや機能を簡単にコントロールできます。355 nmの出力ポートが標準装備されています。

特長

  • 高エネルギーDPSSレーザーとOPOの一体型
  • 192~2600 nm波長域でハンズフリーで波長可変可能
  • 高パルスエネルギー:最大15 mJ(可視域)最大1.8 mJ(紫外域)
  • 最大繰り返し周波数:50Hz、100Hz
  • 紫外域(UV)で1.8 mJ以上のパルスエネルギー
  • 線幅:5cm-1以下の狭線幅
  • 2~5 nsのパルス幅
  • コントロールパッドまたはPCによるリモートコントロール
  • 355 nm出力口(標準搭載)
  • 532 nm、1064 nmの出力可能(オプション)
  • 空冷

用途

  • レーザー励起蛍光分光
  • フラッシュフォトリシス
  • フォトバイオロジー
  • リモートセンシング
  • 計量学
  • 非線形光学

チューニングカーブ(代表値)

NT230 チューニングカーブ(代表値)

NT230

NT230 SH,SF チューニングカーブ(代表値)

NT230 SH/SF

NT230 DUV チューニングカーブ(代表値)

NT230 DUV

ビームプロファイル

NT230 ニアフィールド

ニアフィールド

NT230 ファーフィールド

ファーフィールド

レーザーヘッド寸法図

NT230 レーザーヘッド寸法図

NT230

高エネルギー広帯域波長可変ナノ秒レーザー NT230シリーズ仕様

型名 NT230-50 NT230-100
OPO
波長可変範囲 シグナル光 405~710 nm
アイドラ光 710~2600 nm
SH/SF 210~405 nm
DUV 192~210 nm
パルスエネルギー OPO 15 mJ 9 mJ
SH/SF 1.8 mJ 1.3 mJ
DUV 0.25 mJ 0.15 mJ
繰り返し周波数 50 Hz 100 Hz
パルス幅 2~5 ns
線幅 < 5 cm-1
ビーム拡がり角 < 2 mrad
ビーム径(代表値) 4 mm
励起レーザー
励起波長 355 nm
励起エネルギー(代表値) 50 mJ 35 mJ
パルス幅 4~6 ns@1064 nm
ユニットサイズ 451×696×172 mm
ユーティリティ 室温18~27℃、湿度20~80℃(結露しないこと)、単相100~240 VAC、50/60 Hz
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

製品に関するご質問・ご相談

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.EP60をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411