S2050型 中赤外分光器
アップコンバージョン法、高感度、リアルタイム計測可能

NIR02 お見積り・お問い合わせへ
NLIR
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
S2050型 中赤外分光器 S2050型 中赤外分光器

製品概要

中赤外分光法は気体の分析だけでなく、液体や固体の非破壊分析など、工業や研究分野で幅広く利用されている分光法です。NLIR社はフォトンアップコンバージョン技術を用いて、中赤外線を可視光に変換し、分光検出ができる装置を開発しました。従来は中赤外線を検出するためにMCTアレイ検出器などを用いていましたが、アップコンバージョンの技術により、可視光として分光検出(CCD)ができるようになりました。ノイズや測定速度において、以前の中赤外光検出よりも優れています。

特長

  • 幅広い波長領域(2.0~5.0 μm / 5000~2000 cm-1
  • 6.0~12.0 μm に対応したプロトタイプもございます
  • ミリ秒程度のスペクトル読み出し
  • 調整不要、安定動作
  • アップコンバージョン技術を利用

用途

  • ブラックプラスチックの分別
  • ガス濃度分析
  • ポリマーの同定、帰属
  • 中赤外スーパーコンティニューム光源の測定
  • 広帯域IRコーティングの品質管理
  • 石油化学分析

S2050型によるそれぞれのガス種の吸収スペクトル

NLIR社のS2050型分光器は中赤外域の広域に対応しており、「分子の指紋」と呼ばれる分子振動における赤外線吸収分光ができます。このような、それぞれのガス種の振動スペクトルを見られます。

メタンガスの吸収スペクトル

中赤外スーパーコンティニューム白色光源を用いたメタンガスの吸収スペクトルです。 50 cmのガスセルを通過したレーザー光を、60 msの露光時間で分光測定しています。(分解能は4 cm-1

黒色樹脂の反射スペクトル

サンプルはポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン(PS)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)の4種類です。近赤外分光ではこれらの違いは区別できませんが、中赤線光源とS2050分光器を用いれば、掲載データのように黒色樹脂をはっきりと区別することができます。

仕様

波長領域 2.0~5.0 μm / 5000~2000 cm-1
SN比 @ 1 s ~8(最大20)
分解能 3~8 cm-1
最大読み出し速度 100 Hz
入射方法 空間
通信方法 USB
測定モード 透過吸収率測定、反射率測定、ATR法
ビット数 14 bit
寸法 70 × 230 × 260 mm
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.NIR02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411