OPCPA 波長可変フェムト秒レーザーシステム UltraFlux FF/FT 5000
10Hzで、最大2 TWのピーク出力

EP46 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
OPCPA 波長可変フェムト秒レーザーシステム UltraFlux FF/FT 5000 OPCPA 波長可変フェムト秒レーザーシステム UltraFlux FF/FT 5000

UltraFlux FF/FT 5000 製品概要

UltraFlux FF/FT 5000レーザーは、最大2 TWのピーク出力を誇る卓上型フェムト秒OPCPA(光パラメトリックチャープパルス増幅)システムで、10Hzで動作します。
優れたファイバーレーザーテクノロジー(特許出願済)により、複雑な時間同期機構が不要になり、安定した動作と出力、従来よりもコンパクトなシステムを実現しています。また内蔵の出力診断システムにより装置の各種パラメーターを常時監視することにより、信頼性の高いターンキー運転を実現しています。
欧州の共同レーザー施設ELI‑ALPS(Extreme Light Infrastructure – Attosecond Light Pulse Source)用に開発された技術をもとにした高出力卓上フェムト秒OPCPAシステムです。

特長

  • OPCPA(光パラメトリックチャープパルス増幅)技術に基づく、シンプルでコスト効率に優れた運用性
  • 特許取得済みのフロントエンド設計(特許番号:EP2827461、EP2924500)
  • ハンズフリー波長調整
  • 最大繰り返し周波数:1kHz
  • 最大パルスエネルギー:50mJ
  • パルスエネルギー安定性:<1.5 % rms
  • 追加のオプションなしで高コントラストパルスを実現

用途

  • ブロードバンドCARS、SFG
  • フェムト秒ポンプ・プローブ分光法
  • 非線形分光
  • 高次高調波発生
  • プラズマ中の粒子加速

EKSPLA社 新カタログのご案内

興味のあるモデルや最新モデルのカタログが、いつでもカンタンに閲覧いただけます。
下記リンクをクリックするとダウンロードが開始します。

郵送をご希望のお客様は、
右のお問い合わせフォーム画像をクリックしてください。
お客様のお求めのカタログの内容を選択していただけます。
製品のご購入・お見積り依頼も承ります。

お見積り・お問い合わせへ

OPCPA 波長可変フェムト秒レーザーシステム UltraFlux FF/FT 5000 仕様

型名 UltraFlux FT5010 UltraFlux FF50100
最大パルスエネルギー 50 mJ
SH出力 お問い合わせください
TH出力 お問い合わせください
FH出力 お問い合わせください
波長可変範囲 標準 750~960 nm, ご所望の波長で固定
SH出力 375~480 nm
TH出力 250~320 nm
FH出力 210~230 nm
スキャンステップ SH出力 5 nm
TH出力 3 nm
FH出力 2 nm
パルス幅 20~60 fs 10~20 fs
繰り返し周波数 10 Hz 100 Hz
パルス出力安定性 < 1.5 %, rms < 2.0 %, rms
長時間出力安定性 < 1.5 %, rms
空間モード スーパーガウシアン トップハット
ビーム径(1/e²) 7 mm 20 mm
コントラスト ≥ 10⁻⁶ : 1 (± 50 ps以内)
≥ 10⁻⁸ : 1 (ナノ秒スケール)
偏光 直線, 水平
ビーム安定性 ≤50 µrad, rms
光学RFシグナルジッター < 1 ps
寸法(光学定盤上) 1.2 × 2.0 m 1.2 × 4.8 m
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

製品に関するご質問・ご相談

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.EP46をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411