2022年02月28日
2022
2022

上記講演会のショートセミナー(約10分)にて、ケルビンプローブ法などの仕事関数測定システムと、測定の自動化機能についてご紹介いたします。

開催日:2022年3月22日(火)
対象セッション:[22p-E206-1~11] 12.4 有機EC・トランジスタ
セミナー開始時間:セッション終了直後 17:15~

紹介製品

ケルビンプローブの自動化例 (蒸着装置との複合化)

測定サンプルの上方からKP測定を行い、蒸着は下方から行います。 KP測定または蒸着に応じて、サンプルホルダを回転させます。 蒸着時はKPのチップが汚染されないようにシャッターを閉じます。

*サンプルの回転及びシャッター機構の設計・製作:株式会社ユニソク

開催状況 終了しました
期間 2022年03月22日(火)2022年03月26日(土)
会場 ハイブリッド開催(青山学院大学相模原キャンパス+オンライン)
会場URL https://confit.atlas.jp/guide/event/jsap2022s/top