高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator
220~2200nm連続波長可変、微小スポット・細径ファイバー導入に最適

MTP01 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator 高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator

高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator 概要

高安定ワイドレンジ波長可変光源(Mountain Photonics社製)は、最大220~2000nmの連続波長可変が行えるグレーティング分光方式の光源です。
高輝度・微小点発光(φ0.1mm)のLDLS白色光源を元光源に使用することで、微小スポットへの照射・細径ファイバーへの導入などで威力を発揮します。
LDLS白色光源は、発光点の揺らぎが±0.4μmと高い位置安定性を有し、ランプ寿命も代表値9000時間と長寿命で、波長可変光源としても長時間安定した光照射を実現できます。
装置サイズは410×410×220mmの一体構造で簡単に持ち運びができます。
充実した機能の標準ソフトウェア の他、LabVIEW・Python・C言語等のサンプルプログラムも用意されております。

充実機能の標準ソフトウェア

出力データ(参考値)

1.標準EQ-99Xベース、デュアルグレーティング仕様、400μm光ファイバー接続時

2.標準EQ-99Xベース、シングルグレーティング仕様、400μm光ファイバー接続時

3.高出力タイプLDLSとの組合せ

高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator 仕様

型名 Hyperchromator-SG-99 Hyperchromator-DG-99
グレーティング搭載数 2枚
(デュアルグレーティング仕様)
1枚
(シングルグレーティング仕様)
可変波長範囲 220~2000 nm 220~約1100 nm
搭載可能光源 LDLS白色光源(EQ-99X)、光源着脱可能構造
出力光学系 ① ファイバ出力(コア100~400 μm推奨) ② スリット直接照射
出力波長幅 FWHM 1~10 nm
(照射方法、スリット幅、光ファイバコア径などの条件による)
波長再現性 0.1 nm(代表値)
スキャン速度 40~100 nm/秒
サンプルプログラム LabVIEW、Python、C言語
オプション追加 FWM-4:4ポジションフィルターホイール
ESLIT:マイクロメータースリット
ESLITM:電動スリット
FADPT-SMA:SMA接続アダプター
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.MTP01をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411