高感度冷却近赤外線カメラ
最長2.9μmまでの低ノイズイメージ画像を取得

  • 仕様更新
PH02 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
高感度冷却近赤外線カメラ 高感度冷却近赤外線カメラ

製品概要

Photon etc社の高感度冷却近赤外カメラ(ZEPHIR™)は、高感度のInGaAsまたはHgCdTe(MCT)センサーを搭載し、340フレーム以上の高速でイメージデータを取得します。感度の異なる3種類のセンサーにより、それぞれ0.5~1.7μm、0.85~2.5μm、0.85~2.9μmの波長範囲のイメージを取得できます。
熱ノイズの発生をおさえるために-80℃まで冷却する4段ペルチェ冷却方式が採用されています。

新製品「0.85~2.5μm測定用カメラ BOREA」

0.85~2.5μm測定用カメラ「BOREA」が新たにラインナップに加わりました。ZEPHIR™ 2.5カメラと同じセンサーを搭載していますが、 ロータリースターリングマイクロクーラーで77Kまで冷却をおこない、熱ノイズを極力おさえた構造となっています。

測定例:アセトンと水の選別

Photon etc社製 MCTカメラ「BOREA」を搭載したハイパースペクトルカメラ「S-EOS™」の1500nmと2100nm検出波長で、水とアセトンを含ませたサンプルを測定しました。
通常のカラー写真では違いが見分けられませんが、検出波長1500nmおよび2100nmの分光イメージング写真で撮影すると明らかに見え方に大きな違いがあることがわかります。
このように目視では違いが見分けられないものでも、特定波長の分光イメージング画像を撮影することにより、その違いが鮮明に見分けられるようになります。

下図のスペクトルデータは1000~2500nmの範囲を5nm刻み、それぞれの露光時間を80msの環境下で測定し、分光イメージとスペクトルを比較したものです。

アセトンと水の選別のイメージ画像

アセトンと水の選別のイメージ画像
左からカラー、1500nm分光、2100nm分光

アセトンと水のスペクトル比較図

アセトンと水のスペクトル比較図

Movie:Photon社のイメージングテクノロジー

高感度冷却近赤外線カメラ BOREA仕様

搭載センサー HgCdTe(MCT)センサー
画素数 320×256
画素サイズ 30×30μm
検出波長 0.8~2.6μm
ピーク量子効率 70% 以上
ADコンバータ 14bit
フレームレート 346 fps (full frame)
冷却方式 ロータリースターリングマイクロクーラー
冷却温度 -196℃
インターフェース Camera Link
BOREA量子効率曲線

BOREA 量子効率曲線

ZEPHIRシリーズ仕様

型名 ZephIR1.7・V ZephIR1.7・S ZephIR2.5 ZephIR2.9
センサータイプ InGaAs HgCdTe (MCT)
素子数 640×512 320×256
素子サイズ 15 μm 30 μm
検出波長領域 0.5~1.7 μm 0.9~1.69 μm 0.85~2.5 μm 0.85~2.9 μm
量子効率 >85 % >70 % >85 %
冷却方式 電子冷却 (4段ペルチェ)
冷却温度 -80 ℃
ダイナミックレンジ 13/15 bit 14 bit
フレームレート 220 fps 170 fps 340 fps
インターフェイス CameraLink
ZERHIR1.7 量子効率曲線

ZERHIR1.7 量子効率曲線

ZERHIR2.5 量子効率曲線

ZERHIR2.5 量子効率曲線

ZERHIR2.9 量子効率曲線

ZERHIR2.9 量子効率曲線

Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

製品に関するご質問・ご相談

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.PH02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411