偏光依存性のない透過型アッテネーター、レーザー出力の連続可変が可能
バリアブルアッテネーター

TP02 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
バリアブルアッテネーター 製品画像 バリアブルアッテネーター 製品画像

製品概要

ガラス基板上(溶融石英)に形成された回析格子にレーザービームを透過することで、レーザービームの出力を連続的に可変することができます。
本素子の透過率は入射ビームの偏光に依存せず、また本素子を透過することによる波面収差も発生しません。0次光成分の透過率が連続的に可変されるため、本素子を透過することによる光軸のずれも発生しません。

原理図

原理図
0次光成分の透過率が変化

透過率対回転角

透過率 vs 回転角

バリアブルアッテネーター 標準仕様

Diffractive Variable Attenuator (DVA)

基板材質 UVグレード溶融石英
基板面精度 λ/4@532 nm
平行度 <30 arcsec
基板サイズ 口径:Φ60 mm、厚さ:3 mm
有効口径 14 mm (12 mm:付属チューブ挿入時)
透過率 >2 %~96 % (可変精度:<5 %)
ARコーティング(裏面) R(設計波長)<0.3 %
ダメージしきい値 >500 W/cm2@CW
>3 J/cm2@10 ns
>1J/cm2@150 fs(800 nm/1 kHz)
標準設計波長 DVA1064:(355 nm可)
DVA0800:800 nm (266 nm/248 nm可)
DVA0532:532 nm
DVA0355:35 nm
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.TP02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411