高感度・迅速・柔軟性に優れた元素分析装置
LIBS デスクトップ・アナライザー CHEMREVEAL™

TC02 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
LIBS デスクトップ・アナライザー CHEMREVEAL LIBS デスクトップ・アナライザー CHEMREVEAL

製品概要

最先端のレーザー誘起ブレークダウン分光法(LIBS)に基づいて設計されたChemReveal LIBSは、軽元素 ((H, He, Li, Be, B, C, N, O, F, Ne, Na, Mg, Al等)から重金属までを同時分析し、バルクおよび微量元素の組成を決定します。
試料の高解像度画像、コンピューター制御による試料の操作、用途に合わせたレーザー・分光器・検出器からなり、研究用途や工業用途のどちらにも適し、信頼性のある分析結果が得られます。
試料の前処理がほとんど必要なく、固体試料はそのままの状態で、短時間で分析結果を得ることができます。
また、業界規格の最先端のケモメトリック・ソフトウェアを使用し、定量化、ライブラリマッチング、および試料分類をサポートします。 専用のChemLytics™ 分析ソフトウェアと合わせて使用すると、独自構築した、またはプリセットされたライブラリ/キャリブレーションの両方で、物質の分類および定量化をサポートします。

特長

・すべての元素を分析、検出限界 約10ppm~
 XRFが苦手な軽元素 (H, He, Li, Be, B, C, N, O, F, Ne, Na,Mg, Al等)にも対応
 非誘電性、非結晶性または遊離型物質のサンプルにも対応
・迅速な分析
 数秒から数分で分析完了
・試料の前処理がほぼ不要。
 固体試料は前処理不要、粉末はペレット化
 酸を使用した前処理不要
・試薬不要
・他の元素分析よりも少量サンプルで分析可能
・ミクロンレベルでの深さ断面分析および空間マッピング
・ターゲットを絞った柔軟なスポット分析可能
・定性的な試料分類
・定量的な濃度分析
・用途に合わせて選べる設定可能なレーザーおよび検出器
・操作時の調整不要、簡単メンテナンス

主な用途

・金属 :
 - 金属の識別・組成分析(アルミニウム合金、鋼鉄、ステンレス鋼鉄)
 - 希土類元素検出
 - リチウム金属検出(燃料電池製造)
・医薬品:
 - 不純物元素分析
 - タブレットの塗面分析・均一性分析
 - 調合の均一性
・環境・農業:
 - 各種製造品に含まれるPb、Cd、Cr検出
 - 粒子充填フィルター
 - 燃焼エアロゾル
 - PbおよびBe汚染土壌分析
 - 土壌の栄養学的バランスの測定
・石油・地球科学:
 - ドリルコア試料
 - 発熱量、灰分および石炭の硫黄分
 - 鉱石および地質試料の元素分析
・カーボンナノチューブの不純物分析
・ガラスに含有される微量元素測定
・物質のフィンガープリンティングおよび識別
・薄肉の製膜塗装分析
・介在物の画像化および元素分析

仕様

測定元素 C,H,O,N,Li,Be,Bを含むすべての元素
元素濃度範囲 10 ppm から % レベル
分析時間 20秒 (typical)
試料の前処理 固体のまま、またはぺレット化した粉末
サンプルの位置決め、ターゲティング XYZ軸試料ステージ (移動範囲 2")
試料観察 2台のカメラによる広範囲および高倍率観察
試料の最低必要量 約100 pg ~10μg (試料によって異なります)
試料の最大サイズ(H x W x D) 5" x 9" x 5"
分析スポットサイズ 最小: <20 μm (レーザー波長に依存します)
最大: 400 μm
深さ分析 約1~100 μm (サンプルおよびレーザー出力によって異なります)
レーザー出力エネルギーメーター 0~400 mJ/パルス (+/-5%)
校正 エシェル分光器:Hg ランプ校正
ブロードバンド分光器:標準試料による校正
ソフトウェア ChemReveal™ ソフトウェア
 - ハードウェア制御 (ステージ、レーザー、焦点、画像)
 - データ収集
ChemLytics™ ソフトウェア
 - 自動元素識別
 - 単変量定量分析およびキャリブレーション
 - ライブラリの構築およびマッチング
ChemLytics プラスソフトウェア (オプション)
 - モデル構築およびデータ可視化
 - 多変量定量分析
 - 多変量分類

装置

レーザー Nd: YAG 1064 nm または 266 nm
50 mJ/パルス または 200 mJ/パルス (1064nm のみ)
分光器検出器 4チャンネルブロードバンド分光器 (波長範囲 = 190~950)
7チャンネルブロードバンド分光器 (波長範囲 = 190~950)
ICCD 検出器付きエシェル分光器 (波長範囲 = 200~900)
寸法 (H x W x D) 本体 : 501×605×508 mm
レーザー電源 : 369×140×483 mm
コンピュータ : 標準デスクトップ
総重量 本体 : 45 kg
レーザー電源 : 14 kg
コンピュータ:標準デスクトップ
コンピュータ Windows® 7 (マルチコアプロセッサ)
ガス要件 Ar または He。 N, O 分析用のオプション
必要電力 120V AC – 10A

構成

分光器 \ レーザー 1064nm (出力:50m/J) 1064nm (出力:200m/J) 266nm (出力:50m/J)
4チャンネルブロードバンド分光器
(測定波長範囲 : 190~950 nm)
7チャンネルブロードバンド分光器
(測定波長範囲 : 190~950 nm)
ICCD付エシェル分光器
(測定波長範囲 : 200~900 nm)

セレクションガイド

レーザー
1064nm (出力:50m/J) 全てのルーチン測定に対応
1064nm (出力:200m/J) フレキシブルな方法開発に対応
(ラージスポットサイズで高フルエンス)
266nm (出力:50m/J) 透明サンプル上でのサンプリングの深さ制御に対応
分光器
4チャンネルブロードバンド分光器 あまり複雑でないスペクトルに対応する標準仕様
7チャンネルブロードバンド分光器 複雑なスペクトルに対応する高分解能仕様
ICCD付エシェル分光器 研究用に強化された時間ゲーティング制御機能、高分解能仕様
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.TC02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411