輝度ムラ・ダークスポットなど 長期間での経時変化を自動測定
有機EL寿命測定システム

PG02 お見積り・お問い合わせへ
PRECISE GAUGES co.Ltd.
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
有機EL寿命測定システム 有機EL寿命測定システム

製品概要

輝度ムラ・ダークスポットなど、長期間での経時変化を自動測定

有機EL寿命測定システムELLT1001は、長期間(数日~数週間)での有機EL素子経時変化(寿命)を全自動測定するシステムです。素子の駆動条件、温度条件を個別に設定して、相対輝度・電流・電圧などの発光特性の経時変化を測定できる他、輝度ムラ・ダークスポット成長などの空間的イメージの経時変化も測定することができます。 更に分光器オプション追加により、スペクトル変化の測定にも対応可能です。この1台で、素子寿命評価の効率が大幅に上がります。
有機EL素子のI-V-L特性、外部量子効率(ランバシアン効果)、発光効率、エネルギー変換効率、発光スペクトル、各種色度値(XY座標、CRI、色温度、RGB値)など、1台で多種多様な測定に対応可能な有機EL発光効率測定装置EL1003も別途販売しております。

■測定画面例、測定項目

位置決め画面

位置決め画面

ダークスポット空間的イメージ測定・分析

ダークスポット空間的イメージ測定・分析

  • 相対輝度の経時変化 (数値、グラフ)
  • 電流の経時間変化 (数値、グラフ)
  • 電圧の経時変化 (数値、グラフ)
  • 輝度ムラ変化 (数値、プロファイル、画像、グラフ)
  • ダークスポット変化(数値 (面積、個数)、プロファイル、画像、グラフ)
  • スペクトル測定(オプション、380~780nm範囲)
素子位置決めウィンドウ

 ダークスポット 空間イメージ測定用
光学系+カメラ

1/2インチ アナログ白黒CCDカメラ

光学系種類選択可能 (テレセントリック光学系、ズーム光学系)
倍率、視野、ワーキングディスタンス、分解能は
選択する仕様により変わります。
お問合せ下さい。

最大32素子を同時検査(最大測定点60000点以上)

設置素子数1個のシングルチャンネル機から、最大32素子を設置できるマルチチャンネル機まで対応可能です。 マルチチャンネル測定の場合には、有機EL素子を設置する暗箱も個別に分かれており、電流/電圧も32チャンネルで個別設定することができます。ダークスポットを空間イメージ測定するための光学系+カメラは、電動XYステージで移動させて使用します。

■装置構成図(マルチチャンネル機の場合)

装置構成図
32素子対応仕様(暗幕内部)

有機EL素子 個別設置用暗箱
(上記装置構成図内 ①)

イメージ測定用CCDカメラ

32ch電流/電圧発生器
(上記装置構成図内 ②)

基本仕様

搭載可能基板サイズ
(mm)
最大100×100
温度設定範囲 (℃) 20〜90 (温度制御素子ステージ使用時)
データ取得時間
計測時間
1素子あたり10秒以内
素子ごとに独立して、10秒以上の任意時間間隔
(時間間隔4段階以上で任意設定)
駆動初期条件 素子ごとに独立して、電圧、電流相対輝度設定
計測終了条件 素子ごとに独立して、相対輝度、測定電圧、電流設定により自動終了
印加電圧設定範囲 0〜38V (分解能10mV)
注入電流設定範囲 0〜200mA (分解能1μA〜100μA)
電圧/電流チャンネル 最大32チャンネル
検出器 1/2インチアナログ白黒CCカメラ
ピクセル数768×494、ピクセルサイズ8.4×9.8μm)
計測視野 (mm) 12.8または6.4 (テレセントリック光学系使用時)
8.5〜50または1.4〜8.4 (ズームレンズ光学系使用時)
測定輝度範囲
(cd/m2)
1〜10000以上 (分解能1)
試験時間 最大測定点数内20000時間以上、最大測定点60000点以上
システム制御 パラメーター設定
画像取得
XYステージ制御
データ解析
データ保存 画像データ
解析数値データ
  • 詳細はお問い合わせください。
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.PG02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411