高感度・高空間分解能を追求、ラマン分光測定+αの複合化が可能
3D顕微レーザーラマン分光装置 Nanofinder30A

  • デモ機あり
NF06 お見積り・お問い合わせへ
Tokyo Instruments Inc.
  • 製品概要
  • 関連資料
3D顕微レーザーラマン分光装置 Nanofinder30A 3D顕微レーザーラマン分光装置 Nanofinder30A

3D顕微レーザーラマン分光装置 Nanofinder30A 概要

本装置は、平面分解能200nm以下、深さ方向500nm以下の空間分解能で、3次元ラマンイメージングが可能です。 高感度なラマン検出光学ユニットを活かし、ピエゾステージ、ガルバノミラースキャンや、クライオスタット、加熱チャンバー、走査型プローブ顕微鏡(SPM)、ストリークカメラ、時間相関単一光子計数測定、非線形ラマン分光等に拡張可能。様々なご要望にお応えします。先進的なソフトウェアにより、各種ハードウェアと連携のとれた測定を行え、効率的なデータ収集及び解析結果を提供します。

拡張例「ラマン分光測定+α」とは

1.「ラマン分光測定+ピエゾ(モーター)ステージ またはガルバノミラー」→高速、広範囲ラマンイメージングへ
2.「ラマン分光測定+走査型プローブ顕微鏡(SPM)」→高精細形状(表面)観察と物性分布比較評価へ
3.「ラマン分光測定+クライオスタットまたは加熱チャンバー」→環境制御下での物性評価へ
4.「パルスレーザー+ストリークカメラまたはTCSPC」→蛍光(PL)・蛍光寿命測定へ
上記以外にも非線形ラマン分光(CARSモデル)など、様々な拡張が可能です。

特長

  • ラマン分光測定+α の複合化が可能
  • 高感度・高速測定:微弱レーザーでの検出が可能で、サンプルのダメージを低減
  • 高空間分解能:130nm@364nm, 200nm@488nm
  • 高波数分解能:0.22 cm-1(エシェル回折格子)

用途

  • 炭素材料(DLC膜、グラフェン)の評価
  • 太陽電池材料の評価(CIGS、ペロブスカイト、量子ドット)
  • サブミクロン以下の微小異物測定
  • Li-Ion電池材料の評価

3D顕微レーザーラマン分光装置 Nanofinder30A 新機能について

新型分光器

これまでの52cm分光器に加え、81cm分光器を選択できるようになりました。
これにより更なる高波数分解能測定が可能となりました。新型分光器は、3つの検出ポートを装備している為、様々な検出器を同時に搭載することが可能です。
※写真は新型焦点距離52cm分光器です。

最大5波長のレーザーを搭載、自動切り換え可能

多波長のレーザーを本機に搭載することにより、蛍光の影響が低減されたラマン分光測定が可能になりました。
各レーザー波長に対応したフィルターを同時に搭載し、かつ自動的に切り換えも可能です。
効率的な研究をサポートします。

広帯域(UV-VIS-NIR)でも、高効率・高感度な検出

新しいラマン検出光学ユニットでは紫外・可視・近赤外など各波長域で最適化された検出光学系を同時搭載(最大3種類)、かつ自動切替が可能になりました。 4枚のグレーティングを搭載できる分光器との組み合わせで、検出効率を最大限まで引き出します。

波長校正用Neランプを内蔵

取得したラマンスペクトルの信頼度を上げる為には、波長校正が欠かせません。波長校正用のNeランプを光学ユニットに内蔵することにより、自動的に波長校正が行われるようになりました。

マルチエリアマッピング機能

複数の選択エリアのマッピングが可能になりました。モーターステージとピエゾステージとの組合せの構成では、広範囲エリアはモーターステージ、微小エリアではピエゾステージが動くよう、ソフトウェアが、自動的に判別・走査します。これにより、品質の高いマッピングデータが効率よく得られるようになりました。

共焦点ユニットによるオートフォーカス機能(オプション)

共焦点ユニットの搭載により、オートフォーカスが可能になりました。 ラマン検出系とは独立した光学系のため、ラマン・蛍光強度への影響は全くありません。

超低波数測定に対応(5cm-1)(オプション)

超低波数測定向けのフィルターを搭載することにより、最少5cm-1からのラマンペクトル測定が可能になりました。

機能拡張モデルの例

ラマン分光・蛍光・蛍光寿命測定

チタンサファイアレーザー、ピコ秒半導体レーザーなどのパルスレーザーと、時間相関単一光子計数法(TCSPC)やストリークカメラによる組合せにより、蛍光寿命マッピングデータを取得することが可能です。ガルバノスキャナーとの組み合わせも可能で、クライオスタットなど温度制御チャンバーを用いた測定も可能です。
※写真はフェムト秒レーザー・ストリークカメラとの組み合わせモデルです。

バイオサンプル用モデル

倒立型顕微鏡とガルバノスキャナーを搭載することにより、サンプルを固定したままラマン測定が可能です。
細胞や生体サンプルに最適です。

CARSモデル

細胞を測定するには染色等の処理をする必要がありますが、CARSモデルは、細胞を染色することなく、そのままの状態で、測定が可能です。非線形ラマンを採用している為、高速イメージングが可能です。
※コヒーレントアンチストークスラマン散乱

測定例1:TCSPC法による蛍光寿命マッピング測定

測定例2:3次元ラマンイメージング(リチウムイオン電池)

Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.NF06をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411