微小サンプルへの照射にも適した高位置安定タイプ、220~2000 nm
高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator

MTP01 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • カタログ・関連資料
高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator 高安定ワイドレンジ波長可変光源 Hyperchromator

概要

独国Mountain Photonics社の波長可変光源「Hyperchromator」は、Energetiq社製LDLS白色光源の特長を生かすべく開発された
①ワイドレンジ、②高位置安定性、③F/1.5のハイスループット光学系、④長寿命
を併せ持つ光源です。出射ポートに光学系を配置し、微小サンプルに任意の波長を当てる測定や、ソフトウェア制御により波長をスキャンさせ、サンプルの波長依存性を測定するといった場面では、この光源が非常に有効なツールとなります。光源そのものも簡単に脱着可能で、白色光源としてお使いいただくことも可能です。

特長

  • 高輝度LDLS白色光源搭載
    LDLS白色光源
  • ワイドレンジ:220nm~2000nm
  • F/1.5高スループット分光器により任意の波長を取出し
  • 波長分解能:1~10nm(FWHM)
  • 揺らぎの少ない高位置安定性
  • 長寿命ランプ:10,000時間以上
  • ソフトウェア制御で自動掃引可能
  • LabVIEW、Python、C言語等のサンプルプログラム有り

LDLS白色光源の使用の3つのメリット

1.ワイドレンジ

220~2000nmの波長レンジでの光を出力することが可能です。特に紫外線(DUV)域で高い光量と輝線を伴わない発光スペクトルが得られます。

2.高位置安定性

発光部が半導体レーザー集光点なので、発光部の揺らぎが大幅に低減。中心スポットの安定性は、±0.4μm以内です。

優れた位置安定性グラフ

優れた位置安定性

3.長寿命

レーザー励起の為、放電開始時以外は電極を使いません。電極摩耗が少なく、従来型のキセノンランプと比べても格段の寿命の長さで、ランニングコストを抑えられます。

EQ-99X白色光源(LDLS)寿命比較グラフ

EQ-99X白色光源(LDLS)寿命

光源 Energetiq社製 EQ-99X型 LDLS白色光源
出力光学系 ①石英ファイバー(SMAまたはFCコネクタ、100~400μmコア)
②スリット ③アパーチャーから選択
波長領域 220~2000nm
アパーチャー F/1.5またはF/2(波長分解能および光量による)
出力波長幅 1~10nm FWHM
出力 代表値 30~600μW(@グレーティングブレーズ波長)
波長再現性 0.1nm(代表値)
スキャン速度 40~100nm/秒
インターフェース USB/RS-232、LabVIEW based GUI
サンプルプログラム LabVIEW、Python、C言語等
LDLS光源の脱着 脱着可能(再現性あり)
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.MTP01をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411