光弾性変調器による変調光測定に最適
アバランシェフォトダイオード検出器 APD-100

HN10 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
  • FAQ
アバランシェフォトダイオード検出器 APD-100 アバランシェフォトダイオード検出器 APD-100

製品概要

Hinds社のシリコンアバランシェフォトダイオードAPD-100は、光弾性変調器(PEM)を使った位相変調法や、各種光計測に用いられている検出器です。波長200~1100nmに感度を持ち、周波数応答性は450kHzです。19.6mm2の広い検出面積、ゲインセッティングやDCオフセット機能も備えています。

アバランシェフォトダイオード検出器 APD-100 仕様

検出素子 Si-APD
波長範囲 200〜1000nm (620nmピーク)
受光径 5mm
受光面積 19.6 mm2
対応周波数 DC〜450kHz
リニアリティが維持できる
最大入力光強度
@632.8nm
250μW @Min. gain
5μW @Max. gain
DC出力電圧
@最大入射光強度時
1.3VDC @Min. gain
8.5VDC @Max. gain
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

  • 光弾性変調器(PEM)を使った光測定に適しているとは、具体的にどういうことですか

    PEMは20~100kHz程度で偏光状態を変化させる光学素子で、数百kHz程度までの光強度の変調を測定します。DET-200はこの周波数で応答する検出器になります。
  • どのような光源の検出に適していますか

    感度が高いため、低出力なLED光源や波長可変光源などに適しています。HeNeレーザーなど、ある程度の光強度が見込める場合はフォトディテクタ―DET-200が適しています。
製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.HN10をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411