お問い合わせ

光弾性変調器による変調光測定に最適
シリコン、ゲルマニウムフォトディテクタ― DET-200

HN09 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
  • FAQ
シリコン、ゲルマニウムフォトディテクター シリコン、ゲルマニウムフォトディテクター

製品概要

Hinds社のフォトディテクターDET-200は、光弾性変調器(PEM)を使った位相変調法や、その他各種計測に用いられている検出器です。シリコンディテクターは波長350(200)~1100nmに感度を持ち、ゲルマニウムディテクターは800~1600nmに感度があります。周波数応答性は最大1MHzまで対応し、10段階のゲインセッティングやDCオフセット機能も備えています。

フォトダイオード検出器 DET-200 仕様

型名 検出素子 波長範囲 (nm) 受光面積 (mm2) 対応周波数
002 Si-PC 350〜1100 16 DC〜1MHz
004 Si-PV 350〜1100 16 DC〜1MHz
006 Si-PC 250〜1100 20 DC〜400kHz
007 Ge-PC 800〜1600 3 DC〜1MHz
  • PC=photoconductive
  • PV=photovoltac
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

  • 光起電力素子(Photovoltaic Detector)と光導電素子(Photoconductive Detector)の違いは何ですか

    一般的に、光起電力素子は光照射による起電力による電流・電圧から検出する素子で、特性としてS/N比がよい傾向があります。一方、光導電素子は光入射によって抵抗値が減少する特性を利用した検出器で、ダイナミックレンジが広い(サチレーションしにくい)傾向があります。DET-200検出器ではどちらも十分なS/Nを確保しており、また6mWまで入力してもサチレーションしません。
  • 光弾性変調器(PEM)を使った光測定に適しているとは、具体的にどういうことですか

    PEMは20~100kHz程度で偏光状態を変化させる光学素子で、数百kHz程度までの光強度の変調を測定します。DET-200はこの周波数で応答する検出器になります。
  • どのような光源の検出に適していますか

    HeNeレーザーなどのCWレーザー光に適しています。低出力なLED光源や波長可変光源の場合は、APD-100アバランシェフォトダイオード検出器や光電子増倍管(PMT)が適していることが多いです。
製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.HN09をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411