世界初!! レンズ表面の反射率分布を全自動測定。
レンズ・レンズアセンブリー中心の透過率測定。
 

光学レンズ用分光光度計 LINZA150

ES02 お見積り・お問い合わせへ
EssentOptics Ltd.
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
光学レンズ用分光光度計 LINZA150 光学レンズ用分光光度計 LINZA150

光学レンズ用分光光度計

LINZA150分光光度計は、レンズ表面の反射率分布を全自動測定できる世界初、画期的な分光光度計です。レンズを精密自動ステージに取り付け形状パラメーターを入力すると、全自動で反射率分布が得られます。また、レンズ中心の透過率も測定でき、カメラレンズなどのレンズアセンブリーの透過率も簡単な操作で測定できます。

レンズ表面の反射率測定

レンズ表面の反射率分布LINZA150は、レンズ形状をソフトウェアに入力することで、光軸上だけではなく軸外も全自動でレンズ表面の反射率を測定できます。反射率分布からコーティングの均一性を評価できます。
なお、非球面レンズの場合は球面レンズと見なせる軸外箇所は測定可能です。

レンズの透過率測定

カメラレンズの透過率1枚のレンズおよび、カメラレンズなどのレンズアセンブリーの光学軸上の透過率を測定できます。図は2種類のカメラレンズの透過率で、それぞれの透過率が異なっています。

特長

  • 世界初のレンズ表面の反射率分布測定
  • 自動制御で、人為ミスなし
  • 全2機種、185 - 1700 nm の波長範囲
  • アクセサリー不要
  • 短い測定時間

主な用途

  • レンズコーティングの評価

LINZA 150仕様

測定サンプル
測定レンズ直径 透過率 : 10 ~ 150 mm
反射率 : 10 ~ 120 mm
測定レンズ曲率半径 -10 ~ ∞ / +10 ~ ∞ mm
測定焦点距離 透過率 : -20 ~ ∞ ~ +20 mm
反射率 : -15 ~ ∞ ~ +15 mm
測定レンズアセンブリ外径 W150 х L240 mm
光学系、ステージ仕様
分光器レイアウト ツェルニターナー型、対照光束あり
反射率測定時の位置決め 0.01mmピッチ
測定波長範囲 185-1700、 380-1700
波長送り間隔 0.5 ~ 100 nm
波長送り速度 nm/min 3000 nm/min. (5nm間隔で測定)
測定光サイズ 透過率 : 4х2.5 mm
反射率 : 1х1 mm
バンドパス 2 nm (185~990nm)
4 nm (990~1700nm)
最大レンズ傾斜角度
(軸外反射率測定時)
55度
反射率測定時の入射角度 12度
波長正確さ ± 0.24 nm 以下
波長送り繰り返し精度 ± 0.12 nm 以下
迷光 < 0.1 % (@532 nm)
正確さ ±0.003Abs (1 Abs) (NIST SRM930)
±0.003Abs (0.33 Abs)、
±0.006Abs (2 Abs) (NIST SRM1930)
繰り返し精度 0.0006Abs (1 Abs) (NIST SRM930)
0.0002Abs (0.33 Abs)、
0.005Abs (2 Abs) (NIST SRM1930)
0.1秒積算、10回測定時の最大偏差
ベースライン安定性 0.1%/時 (30分暖気運転後)
光源 ハロゲンランプ、重水素ランプ、
Hg-Arランプ (波長校正用)
ユーザーインターフェース、寸法
接続 USB 2.0
電源 110/220 VAC, 50/60 Hz, 110Wt
寸法、重量 W680 x D440 x H360 mm、50 kg
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.ES02をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411