お問い合わせ

波長範囲&スリット幅可変のファイバー分光器
波長範囲可変 小型高分解能分光器

  • キャンペーン
  • デモ機あり
AV19 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
近赤外小型分光器(非冷却タイプ) 近赤外小型分光器(非冷却タイプ)

製品概要

AVESTA PROJECT社製ASP-150Tは、 波長範囲可変(グレーティング角度調整可能)、スリット幅可変のファイバー分光器です。広い測定可能波長範囲(190~1100nm)から、一度に同時測定する波長範囲を限定して測定することで、最大0.017nmの高分解能を実現しました。従来型ファイバー分光器では、グレーティングやスリット幅が固定されてしまいますが、本分光器ではどちらも可変調整が可能な為、目的用途に合わせてお使い頂けます。ファイバーなしのFree-space入射にも対応可能で、トリガーポートも標準で含まれております。

デモ機販売

弊社デモ機を特別価格で販売します。→詳細ページへ

仕様

型名 ASP-150T(発注時に下記波長範囲仕様を選択)
(中心波長固定/スリット幅固定のASP-150Cも対応可能です。お問合せ下さい。)
光学配置 ツェルニターナ
測定可能波長範囲
nm
190 - 1100 190 -
800
190 -
450
190 -
300
グレーティング
Lines/mm
200 300 400 600 1200 1800 1800
2次光
1800
3次光
同時測定波長範囲
nm
950 640 480 315 145 90 40 25
分解能
nm
0.6 0.42 0.3 0.2 0.09 0.06 0.025 0.017
逆線分散
nm/mm
33.2 22.4 16.8 11.0 5.1 3.1 1.4 0.9
入射スリット幅
μm
標準10(50/100発注時相談)~可変スリット(0~400 μm)
焦点距離 150
F値 13
入射方法 ファイバー入射 または Free-space入射
光ファイバー コア400μm、長さ1m 、両端FC-FCコネクター 光ファイバー1本込
同期制御 トリガーポート標準搭載(external/internal)
インターフェイス USB
寸法 242×115×76(ASP-150T)、205×115×76(ASP-150C)  (mm)
重量 1.6kg
CCD検出器 Toshiba 1205DG Toshiba 1304DG Hamamatsu
S3878-1024Q
Low(high)mode
素子選択
オプション費用
不要 不要 必要
素子数 2048 3068 1024
素子幅
(μm)
14 8 25
素子高さ
(μm)
200 200 500
最短露光時間
(ミリ秒)
4.2 7.3 2.1
最長露光時間
(秒)
4 0.5 5
素子感度
(フォトン/カウント)
80 20 650 (3000)
読出ノイズ
(ADCカウント)
5.4 3.5 16 (4.4)
ADコンバーター
(bit, counts)
16, 16384
ダイナミックレンジ 1000:1 1000:1 1000:1 (4000:1)
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.AV19をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411