お問い合わせ

近赤外光域で高感度・低ノイズ・2チャンネル同時検出。S/N比が非常に高く、高感度測定を可能にした微弱光検出器です。
近赤外シングルフォトンカウンティングAPD検出器

  • デモ機あり
AU01 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
近赤外シングルフォトンカウンティングAPD検出器 近赤外シングルフォトンカウンティングAPD検出器

製品概要

フランス AUREA TECHNOLOGY社製SPDシリーズは、近赤外光域で高感度・低ノイズの性能をもつ微弱光検出器です。光検出素子にはInGaAs APD(アバランシェ・フォトダイオード)センサーを採用し、900~1700 nmの波長領域において高い感度を有します。特に1000~1300 nm領域では、量子効率25%以上と高感度でかつニアフラットな感度特性を持ちます。また、電子冷却により-50℃まで冷却することでS/N比の良い検出が可能です。更にタイミングジッターは、最小200 psと高速応答性を実現します。用途に応じて、1chまたは2chの入射チャンネルの選択が可能。USBインターフェイスにより、容易に測定できます。

仕様

検出器
波長範囲 900〜1700nm
量子効率 5〜25%(可変)
ピーク量子効率 < 25%@1150〜1300nm
ダークカウント@10%QE < 5.0x10-6 counts/ns@SMF
< 1.0x10-5 counts/ns@MMF
タイミングジッター < 200ps@20%QE
< 500ps@10%QE
内部カウントレート 0〜20MHz(可変)
冷却温度 冷却時間:約2分@-50℃
入力信号
外部トリガー 0〜20MHz(可変)、TTL信号
ゲート機能 2.5〜100ns
ディレイコントロール 0〜128ns@0.5nsステップ
外部トリガートリガーゲート機能 2.5〜100ns
コネクター SMAコネクター
出力信号
出力信号 TTL信号、80nsパルス幅
コネクター SMAコネクター
入射ファイバー
入射方式 シングル/マルチモードファイバー入射
ファイバー仕様 SMF : SMF28 / 9μmコア径
MMF: 50〜85μmコア径(ex, 62.5/125μm)
FC/PC、コネクター
電源・寸法
電源 110〜230VAC
操作温度 10〜30℃
消費電力 < 10W@5VDC(1chタイプ)
< 20W@5VDC(2chタイプ)
寸法、重量 246(W)×70(H)×286(L) mm
重量 4kg
インターフェイス USB2.0
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.AU01をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411