SKY (Spectral Kryotyping)法、G-band法、FISHによる総合的な染色体解析に対応
高S/N比、微細な違いの検出を可能にする2次元画像分光方式

マルチカラー染色体解析システム HiSKYシステム

AS01 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
マルチカラー染色体解析システム HiSKYシステム マルチカラー染色体解析システム HiSKYシステム

製品概要

本システムは、、従来のG-band法では不可能であった由来不明の染色体異常が包括的に同定でき、染色体構成を一挙に明らかにすることができる
SKY法の専用解析システムです。
5種類の蛍光プローブ(SKY kit)を染色体ごとに異なる組み合わせで標識することで、1回のハイブリダイゼーションで各染色体を異なる色調で検出・識別することが可能です。SKY解析用ソフトウェアの他、FISH、G-bandの各染色体解析用ソフトウェアが含まれており、この1台で各種染色体解析を包括的に行なうことができます。

SKYによる部分的なトリソミー21の検出

G-Band解析では検出できない微細な転座も検出可能

特長

  • SKY解析の他、G-band法、FISHの解析に対応
  • 2次元画像の全ての点におけるスペクトルデータを1度の測定で取得
  • 干渉計フーリエ解析により、微弱な蛍光シグナルも高SN比で取得
  • 独自バックグランド減算による最適なメタフェーズの自動染色体分類
  • バンドイメージ、SKYイメージ、染色体イデオグラムの組み合わせ解析
  • 種、染色体サイズ等の各種設定による核型テーブルを提供
  • 使いやすい輪郭編集ツールで迅速解析
  • 像の移動、反転、回転、セントロメア位置表示等の基本的な画像編集機能
  • ISCN命名法による400、550、850バンドレベル・イデオグラムおよびバンドサイズを表示
  • カリオタイプとメタフェーズを含んだ便利なイメージギャラリー
  • データ管理用ソフトウェアによるデータ管理、比較、レポート作成機能

主な用途

  • ヒト、マウス、ラット染色体のSKY解析
  • 微細な転座、複雑な転座、リング染色体、小さなマーカー染色体、HSRおよびダブルマイヌートの検出
  • 癌進行、残存病変のモニター用のスクリーニングに使用

解析レポート1:ヒト染色体

解析レポート2:マウス染色体

解析レポート例:ラット染色体

動作モード スペクトルイメージング : インターフェロメータビュー
CCDイメージング : ダイレクトビュー
光学インターフェース Cマウント
波長範囲 450~1,000 nm
波長分解能 (FWHM) <5 nm@400 nm
<20 nm@780 nm
ダイナミックレンジ 12 bit
画素数 1,360×1,040 ピクセル
ピクセルサイズ 6.45×6.45 μm
露光時間 2~10,000 ms
専用キット ヒト、マウス、ラット
解析方法 SKY
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.AS01をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411