100fpsで高エネルギーフォトン計測
画素数:2560×2160、最大ダイナミックレンジ: 25,000:1

ファイバーカップリングsCMOSカメラ "Zyla 5.5 HF"

AD13 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
ファイバーカップリングsCMOSカメラ ファイバーカップリングsCMOSカメラ

製品概要

「Zyla 5.5 HF」は、Andor Technology社の高感度sCMOSカメラZylaシリーズに、ファイバーカップリングを施したシンチレータ取付け可能なカメラです。シンチレータをカメラ先端にあるファイバーオプティックプレート(FOP)に直接取り付けることで、高エネルギーフォトンの撮像が可能になります。ファイバーカップリングのため、明るく歪の無いイメージデータが取得できます。フレームレートも100fpsと従来の高感度CCDよりも早く測定ができます。

高い空間分解能

Zyla 5.5 HFは、FOPを付けた状態で35lp/mmの空間分解能を実現しています。

ANDOR X線CCD顕出波長領域

シンチレーター接続オプション

カメラ本体にはFOPが付いた状態ですが、実際に使用するにはシンチレーターを接続する使い方が一般的です。そこでAndor Technology社ではカメラ前面にシンチレーターホルダおよびBerylliumホルダのオプションを用意しています。ユーザー側であらかじめ用意しなくとも、シンチレーターをついた状態で購入することも可能です。また、用途によってシンチレーターを容易に交換することが可能な構造になっています。

ANDOR X線CCD顕出波長領域

技術情報・応用例

ANDOR社ウェブページには製品の技術情報や応用例が掲載されています。
http://www.andor.com/learning-academy

Zyla 5.5 HF仕様

 
有効素子数 2560×2160
素子サイズ(μm) 6.5×6.5
検出面積 (mm) 16.6×14.0
読出しノイズ
(rms,e-,代表値)
1.2
ADコンバーター速度(MHz) 560、200
最低冷却温度
(℃, 代表値)
0
暗電流
(e-/pixel/sec, 代表値)
0.14 @0度
最大フレームレート 100 fps
  • *詳細は弊社へお問い合わせください。

量子効率曲線

ANDOR Zyla 5.5 HF
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.AD13をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411