液体窒素不要の高S/Nタイプ近赤外InGaAsライン検出器
高感度冷却近赤外InGaAs検出器

  • デモ機あり
AD03 お見積り・お問い合わせへ
  • 製品概要
  • 仕様
  • 関連資料
  • FAQ
分光用近赤外InGaAs検出器 分光用近赤外InGaAs検出器

製品概要

ANDOR TECHNOLOGY社の冷却InGaAs検出器は、高感度・低ノイズのInGaAsセンサーを搭載した近赤外分光用の検出器です。検出波長範囲は0.6~1.7μmまたは0.8~2.2μm、-90℃電子冷却による低暗電流、16 bitのダイナミックレンジにより高S/Nでスペクトルを取得できます。コンパクトボディにUSB2.0接続で場所をとらない設計になっています。なお、別途マルチチャンネル検出器に対応した分光器が必要です。

技術情報・応用例

ANDOR社ウェブページには製品の技術情報や応用例が掲載されています。
http://www.andor.com/learning-academy

特長

・量子効率 >80% (0.8~1.7μm)
・-90℃電子冷却(液体窒素不要)
・16 bit ダイナミックレンジ
・真空漏れなし(真空引き不要5年間保証)
・USB2.0接続でノートPCからの制御可能

主な用途

・NIRラマン、蛍光分光
・各種発光スペクトル測定
・透過率、反射率測定
など

特注ソフトウェア

東京インスツルメンツは用途に最適な特注ソフトウェアの開発をおこなっています。

●PL測定ソフトウェア

PL測定ソフトウェア例 Andor社製CCD検出器(Newton)とShamrock分光器をを組み合わせてPLマッピング計測。

●分光放射強度測定ソフトウェア

分光放射強度測定ソフトウェア例 Andor社製CCD検出器と分光器を組み合わせ光源評価。

iDus InGaAs検出器 波長0.6〜1.7μmモデル仕様

型名 DU490A-1.7 DU491A-1.7 DU492A-1.7
検出波長範囲 (μm) 0.6〜1.7
素子数 512 1024 512
素子サイズ (μm) 25×500 25×500 50×500
検出面積 (mm) 12.8×0.5 25.6×0.5 25.6×0.5
量子井戸(Me-, 代表値)
High Dynamic Rangeモード
High Sensitivityモード
170
5
読出しノイズ(e-, 代表値)
High Dynamic Rangeモード
High Sensitivityモード
8150
580
最低冷却温度
(℃, 代表値)
-70℃(空冷)
-90℃(水冷)
暗電流@-90℃
(ke-/pix/sec, 代表値)
10.7 12.0 21.1
ADコンバータ速度 (kHz) 100/50/33
ダイナミックレンジ (bit) 16
最大読出し速度 (Hz) 193 97 193
インターフェース USB2.0
ANDOR InGaAs量子効率曲線
 

iDus InGaAs検出器 波長0.8〜2.2μmモデル仕様

型名 DU490A-2.2 DU491A-2.2 DU492A-2.2
検出波長範囲(μm) 0.8〜2.2
素子数 512 1024 512
素子サイズ (μm) 25×250 25×250 50×250
検出面積 (mm) 12.8×0.25 25.6×0.25 25.6×0.25
量子井戸(Me-, 代表値)
High Dynamic Rangeモード
High Sensitivityモード
170
5
読出しノイズ(e-, 代表値)
High Dynamic Rangeモード
High Sensitivityモード
8150
580
最低冷却温度
(℃, 代表値)
-70℃(空冷)
-90℃(水冷)
暗電流@-90℃
(ke-/pix/sec, 代表値)
5000 5000 12200
ADコンバータ速度 (kHz) 100/50/33
ダイナミックレンジ (bit) 16
最大読出し速度 (Hz) 193 97 193
インターフェース USB2.0
ANDOR InGaAs量子効率曲線
 
  • 量子効率、暗電流はセンサータイプによって異なります。詳細は弊社へお問い合わせください。
Get ADOBE READER

ダウンロードしたPDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左記のバナーより、ソフトウェア(無料)をダウンロード・インストールして下さい。

更新日 更新内容 サイズ ダウンロード

よくいただくご質問

  • 微弱光測定と高ダイナミックレンジ測定を切り換えることはできますか

    ソフトウェアで切替可能です。
  • 冷却用のチラーは必要ですか。また、チラー選定の注意点はありますか

    InGaAsセンサーは可視用のCCDセンサーと比較して暗電流が高いため、チラーの使用を推奨します。特に~2.2μmモデルの暗電流は非常に高く、チラーは必須です。チラー使用時は冷却水温度が低すぎるとカメラ本体が結露してしまう可能性があります。おおよそ室温程度(20~25度)の水温を推奨しています。詳細はお問い合わせください。
  • 波長1000nm付近を測定する場合、CCDとInGaAsのどちらが優れていますか

    1100nm以上ではInGaAsセンサーが必要です。1000~1100nmの範囲では、条件によりますがCCDセンサーの方がSNよく測定できる傾向があります。
製品のお見積り・お問い合わせはここをクリック

※お問い合わせNo.AD03をお伝えください。

お電話 ※お問い合わせNo.をお伝えください。
本社03-3686-4711
大阪営業所06-6393-7411