お問い合わせ

経営トップからのメッセージ(2015年1月1日)

成長

TIIグループはグローバルに展開中。
No Growing No Futureの精神で頑張っています。

TIIグループの東京インスツルメンツ(TII)とユニソクが合併して4年が経ちました。

TIIグループ TIIとユニソクは最先端科学技術分野に貢献していて両社は「ナノテク計測と光科学技術」で日本を代表する科学技術の成長企業を目指しています。

TIIおよびユニソクは単独で成長を目指していましたが日本の失われた20年で売上は停滞していました。TIIはこの間財務体質を強化し収益性、安定性で中小企業50万社中89位にランクイン。ユニソクは2014年3月に経産省よりGNT-100企業100選(グローバルニッチトップ)に選定され、世界的に知名度が上がりつつあります。
TIIグループの経営理念は「科学技術革新に貢献する」「ナノテク計測No.1を目指す」です。
経営理念をさらに追求し今後ともお客様のご期待に応えられるよう全社一丸となって努力します。

●両社(TII&ユニソク)の共通点

  • 研究開発分野で事業
    大学・研究所、民間に販売
  • ナノテクノロジー分野に強み
    「ナノテクノロジー計測No.1」を目指しています。
  • 研究開発型企業
    産学連携を重視し新製品の共同開発を行っています。
  • 高度人材が多い、いい会社にいい人材が集っています。
  • ニッチマーケットで活躍
    受注生産、競合が少なく、景気に反応されにくく、安定した経営をしています。

●シナジー効果(TII&ユニソク)

1) 販売網

  • TIIは主力の分光分析装置をユニソクの海外販売網を活用し売り込んでいます。
  • ユニソクは中国市場を中心にグローバルに展開中で経済産業省よりGNT-100選に選定されています。
    顧客、取引先から信頼度が高くなっています。
  • 北京の現地法人稼動
    両社合併により現地法人の開設が可能となりました。中国の販売、アフターサービス等の対応が早くなり、お客様と関係強化。
    サービス向上に努めています。
  • 展示会・カタログ・Webの共通化しました。

2) 技術と営業の補完でバランスが良い

  • ソフト、ハード面で両社の強みを出し合い改善。両社技術は融合しています。
  • 両社得意技術による強みを活かして新製品の共同開発(TERS、STM)を行っています。
  • 営業と技術は両輪でバランスが良い。
    ユニソクは技術色が強い。
    TIIは営業色が強い。

3) お客様対応、アフターサービス

  • 両社ともお客様対応は従来と変わりません。よりお客様満足の向上に努めています。
  • 小回りを活かしてスピード対応

4) 新製品開発

  • TII&ユニソクの強みを引き出し共同開発ができる。産学連携を重視。

●規模の拡大によるメリット

  • グローバルに展開しています。
    海外市場販売と海外合弁企業。
  • 経営が安定化し、商品の第2の柱、第3の柱を創出しています。
  • 顧客が増える、信用度が高まる。顧客満足度をさらに深めています。
  • ブランド力が高まる、シェアが高くなり、会社の特色がより鮮明になりました。
  • TII全体としては円高、円安の影響は受けにくくなりました。
  • 全社を挙げて成長戦略を練っている。一流会社を目指す。組織力を生かしています。
  • 両社の強み、いいところを出し合って即断即決で実行が速くなりました。
  • 新工場増設により品質向上を目指し、作業指導書、品質チェック要領書を作成中。
  • TIIグループは多国籍企業で5ヶ国の人種が日本国内で働き企業文化を共有しています。
株式会社東京インスツルメンツ
代表取締役会長 駿河正次 代表取締役社長 森田一二夫